鎌ヶ谷大仏・船橋のエステサロンならアジュールへ|痩身・リラクゼーション・フェイシャル

TEL:090-5548-2150

営業時間/10:00~21:00

WEB予約はこちら

メニュー

未分類

2018年1月21日 | 未分類

冬に太るのはなぜ!

今晩は、アジュール 飯田です。

冬は夏よりもずっと痩せやすい季節なんですって!

なぜなら

冷えた体の体温を一定に保とうと体内の熱量が上がり基礎代謝が活発化するからなんだそうです。

しかし

冬になると食欲がとまらず太ってしまう

ダイエットに最適な時期であるのに冬に過食に走ってしまう

なぜなんでしょう!

そこで

今回は冬太りの原因と

改善方法をお伝えします。

人間は寒い季節になると食欲が増し甘いものや炭水化物を多く摂取してしまう傾向にあるそうです。

その理由として

日照時間の急激な変化!

食欲をコントロールする脳神経伝達物質「セロトニン」は光の刺激を受け殆どが腸内で生成されます。日に当たる機会が減る冬場はセロトニンが不足するため体内の様々なバランスが崩れ、結果過食に走ってしまうのだそうです。

「ハッピーホルモン」セロトニン!

感情や精神を安定させる大切な役割を担うようです。

セロトニンが多く分泌されると幸福度が高まりまり、食事でも満足感情を得られます。

また

セロトニン自体に食欲を調整する作用があるので

痩せやすい体質を作るためには必要不可欠なホルモンとも言えるでしょう

誰にでも起こりうる寒い季節のセロトニン不足!

生活の中でセロトニンを増やすことを心がければ

太りにくい体質を作ることができるんです。

どうするの?

はい!

セロトニンは

夕方以降から減少しはじめ就寝中は

分泌されません

朝起きたらすぐにカーテンを開けて太陽の光を浴びることを日課にしましょう

網膜が光によって刺激されると脳が目覚め体内時計がリセットされ、セロトニンの分泌が促進されます

早起きは三文の徳!

明日からセロトニン生活はじめて下さいね